だから東京が好き!  祭りだわっしょい



 有名な大祭から身近の些細な行事まで、東京にも伝統ある行事が数多くあります。

 ここでは、東京の祭りや行事について、訪ね歩いた結果をとりまとめて参ります。
 
[ HOME ] その1 その2 その3 その4

愛宕神社祭礼 出世の石段祭り(その1)

9月23日 愛宕山(NHK放送博物館の隣り)にある愛宕神社に行って来ました。

愛宕神社は、社殿前に「出世の石段」という急階段があります。
今回は、この階段を神輿を担いで登り降りするという、大変危険かつ
勇壮な祭りです。クライマックスは観客も巻き込んで大変な盛り上がり
でしたが、そんな雰囲気の一部でもお伝えできればと思います。
 
使用カメラ:
 EOS D30

使用レンズ:
 EF 17-35mm/F2.8L
 EF 70-200mm/F2.8L
 EF 85mm/F1.2L


宮出し風景
 

「出世の石段」の名称は、曲垣平九郎(まがき へいくろう)の故事に由来します。

愛宕神社の前を通りかかった徳川家光公が、石段の上に咲く梅の花を馬で取って参れと命じたとき、
曲垣平九郎がただ一人果敢に挑み、無事梅を献上したことから、家光公に「日本一の馬術の名人」と讃えられ
その名は一日にして全国にとどろいたというものです。 (愛宕神社ホームページを参考にさせて頂きました。)

神事の後、神輿は階段にせり出して行きます。
 

それを応援するかのような太鼓の響き
 

いよいよ階段を降り始めました。
 

前棒は高く差し上げなければなりません。
 

神輿をとりまく周囲の人も大変な数


 「せいやーっ!」



 見ている方も思わず力が入ります。
 
 
神輿をとらえようと、半纏(はんてん)
姿のカメラマンが頑張っています。


 降りきるまであと少し。

無事、石段を降りました。
 

神社前の道路まで出て休憩

「いや〜、人ごとながら大変だねぇ〜。」

2基の神輿が階段を降りました。これから町内を渡御します。
 

その1   その2   その3   その4

HOME