歌物語を綴り終えようとする頃


 現実の世界に縛られていた


 心の鎖が解き放たれる。


 詩の世界と現実の世界の境界線など


 もはやどうでもいいと思えてくる。


 何とも心地の良いひとときを得る。

Top menu  
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17

18
 
19
 
20
 
21
Back Next