前回に引き続き、今回も登場  

ベーシストの関さん  

  豊かな経験を物語る  

渋い風貌の中に  

優しい眼差しを感じます。  

Top menu  
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06

07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
Back Next