頼りなげで支えたくなるような肩先が軽やかに揺れ、振りまく色香にいつしか酔いしれる。