クライマックスに達した瞬間、脳裏に走る稲妻
あのときの君の笑顔が、そこに重なっていた。
<- back     Next ->

Top