時に高く、時に低く、しなやかに響く歌声に乗って、忘れたはずの
想い出たちが、記憶の引き出しから溢れ出してくる。
<- back     Next ->

Top