曲を重ね、グラスを重ね、いつしか自らの姿を詞に重ねると
記憶の引き出しが、音もなくゆっくりと開き始める。
<- back     Next ->

Top