明かり

薄暗がりに生を受け

消えていくのも闇の中

せめて一縷の光でも

見せてやりたやその瞳



-menu_top-